前橋で外壁塗装を考えている方へ伝える失敗回避のための注意事項

2020/03/12 ブログ
ロゴ

施主が満足する外壁塗装を行うには、費用の相場や外壁塗装を行う適切な時期、工事の流れなどを知っておくことが大切です。これらを知らないまま外壁塗装工事をすると、「相場を知らなかったので、業者選びに失敗した」「不適切な時期に外壁塗装工事をして、工事期間が延びた」といった失敗に繋がることもあるでしょう。そこで今回は、前橋で外壁塗装を考えている人向けに外壁塗装の基礎知識や注意事項を解説します。

※本記事で言及する費用・金額については、あくまで一般的な相場や目安となりますのでご注意ください。

外壁塗装の基本的流れ

 

 

外壁塗装工事は、まず足場を組み立てます。平屋であっても外壁塗装工事の際は足場は必要です。足場は建物から30センチほど離して組むので、そのためのスペースも確保する必要があります。また、足場は塗装工事を行う会社が組むこともあれば、足場を組む専門の業者に外注することもあるので、工事を依頼する際にどちらになるか確認しておきましょう。

 

足場が組み上がったら、外壁の高圧洗浄を行います。風雨にさらされた外壁は汚れており、カビなども付着しています。これらを洗い落とすことで、塗装がきれいに塗れるようになるでしょう。高圧洗浄を行わずに費用を抑える業者もいますが、塗料の寿命が格段に変わってくるので、行うのがおすすめです。

 

高圧洗浄が終わったら、壁の補修工事を行います。サイディング外壁の場合は、充填剤であるコーキングの打ち替えが必要なこともあるでしょう。補修が終わったら室内や車、庭木などに塗料がかからないように養生をして外壁塗装を開始します。塗料は、下塗り、中塗り、上塗りと三度の重ね塗りをするのが一般的です。

 

外壁塗装が完了した塗り残しやヒビなどの不備がないかチェックを行い、問題がなければ足場を解体して工事を終了します。外壁塗装の平均的な工事期間は一般的な一戸建てで10日~2週間程度、マンションの場合は3か月~6か月が一般的です。

前橋で外壁塗装工事の際の費用相場と工事に適した時期

 

外壁塗装工事の費用相場は、塗料の種類と塗装する場所の面積で変わってきます。外壁塗装に使われる塗料の中で最も一般的なものはシリコン塗料です。前橋市では、30坪の住宅で80万~100万円、40坪の住宅で100万~120万円が相場になります。無機塗料やフッ素塗料などシリコン塗料より耐久性が高い塗料を使う場合は、もう少し費用がかかるでしょう。

 

なお、前橋市では市内の施工業者を利用して外壁塗装を行うと、工事費の3分の1以内(最大15万円まで)の補助金を受けられる制度があります。60歳以上の人が居住していることなど、条件を満たす必要がありますが、補助金を受けられればお得に工事ができるでしょう。詳しくは、前橋市のホームページを確認してください。

URL:https://www.city.maebashi.gunma.jp/gyosei/2/5/2/index.html

 

外壁塗装は、温度が5度以下、湿度が80%程度になってくると乾燥が十分にできずに施工がうまくいかなくなります。前橋市は、1月~2月の平均気温が5度を下回るので、外壁塗装工事を行うには不適切です。また、梅雨時は湿度が高く、7月、8月はゲリラ豪雨が降る可能性もあります。外壁塗装を行うなら3月~5月、9月~11月が一番適しているでしょう。

 

※こちらで言及する費用・金額については、あくまで一般的な相場や目安となりますのでご依頼の際は御見積をお願いいたします。

外壁塗装工事に失敗しないための注意点

 

前橋には外壁塗装を請け負う業者がたくさんあります。工事費用の安さをウリにしている業者も多いでしょう。ただし、工事費用の安さだけで業者を選ぶと失敗する可能性もあります。外壁塗装に使われる塗料は、重ね塗りをしてこそ塗料の持つ効果が発揮され、耐久性も高まるのです。工事費用が相場よりも極端に安い業者は、塗料の量を少なくすることでかかる費用を無理に節約しているところもあります。たとえば、3度重ね塗りしなければならないのに、2度しか重ね塗りしなければ、費用はかかりませんが耐久性は大分低くなるでしょう。ですから、費用相場をおおよそ把握しておくか、複数の業者から見積もりを取り、内訳を比較してみてください。また、見積もりで分からないことがあれば、納得いくまで説明を求めることが大切です。

 

業者を選ぶときの注意点としては、費用の安さより工事実績とアフターケアの手厚さに注目しましょう。アフターケアが手厚い業者は、外壁塗装工事も丁寧に行う傾向が高いのです。また、外壁塗装に必要な工程を省いていないかチェックすることも大切です。

 

また、外壁塗装を行う時期も選びましょう。外壁塗装の工事中に一度も雨に降られなかったという例はまれです。ですから、大抵の業者は雨が降って工事ができない日をあらかじめ計算にいれて施工計画を立てます。そのため、数日工事時期が延びても追加費用などは発生しないでしょう。ただし、梅雨時や冬に工事を行い、予定していた日程より何週間も工事が延びたという場合は、その限りではありません。どうしても雨の多い時期に工事をしなければならないときは、日程が延びた場合の対処方法を確認しておきましょう。

 

なお、春や秋など外壁塗装工事がしやすい時期は、工事依頼も殺到しがちです。この時期に工事を行いたい場合は、早めに業者を抑えておくことが大切です。そうすれば、希望通りの日程で工事ができるでしょう。

外壁塗装工事をする際は、流れや相場を知っておくことが大切

 

今回は、前橋で外壁塗装を行う際、失敗しないための注意点や外壁塗装の基本的な流れを解説しました。外壁塗装のことはよく分からないので、業者にすべて任せたいと思う人もいるでしょう。しかし、費用の相場や基本的な工事の流れを知っておけば、満足できる工事をしてもらいやすくなります。外壁塗装を業者に依頼する際に必要な知識として身につけておきましょう。